オリヒロプランデュ株式会社 A SAFE, SAFE COMMODITY-MAKING IS THOROUGHLY PURSUED.
工場紹介
A buildings
原材料の受け入れから最終製品の出荷に至るまで、適切な 管理組織の構築及び作業管理(品質管理、製造管理)の実施(GMPソフト)と、適切な構造設備の構築(GMPハード)により、製品の品質と安全性の確保を図っています。
自動ビン詰包装ライン
打錠された原料は品質検査後、クリーンルーム内のビン詰機で自動充填。自動ビン詰から連続したラインでラベルの貼付、箱詰めまで一貫して行なわれます。
打錠室 粉砕室 造粒室
自動供給により、原料に一切手を触れずに打錠仕上げされます。製造工程における異物の混入を防ぐ無人化機です。 自社工場で殺菌した原料を粉砕します。商品の安全性を確保するため自社内で加工しています。 粉砕された原料を食品として食べやすくするため粉体を顆粒状に加工します。
充填室
ティーパック充填包装ライン スティック充填包装ライン
自動倉庫 原料・資材搬入口 エアシャワー室
コンピュータによる徹底した日付管理により高品質が保たれています。 入荷した原料・資材は、1箱単位で除塵されて倉庫に搬入されます。 更衣・手洗い後、クリーンエアで除塵したあと、製造エリアへ移動します。
TOPへ
B buildings
グループ会社のオリヒロ・機械事業部が開発した包装機を中心にライン化した、無菌をコンセプトとした工場です。粉体や液体の食品、サプリメントなど新しいスタイルの健康食品が提案できる一貫生産工場を目指しています。
異物選別機+粉体気流殺菌装置 はちみつ・プルーンエキス充填システム
 
異物選別機+粉体気流殺菌装置
農産品を中心とした粉体原料に含まれやすい異物を選別した後、高温・短時間殺菌で安全な粉体原料をつくります。
豆乳無菌充填包装システム
スタンドアップ・パウチ無菌充填包装機
ONPACK-AF-3030
大豆計量器・種箱(生呉) ホモゲナイザー・
液体加熱殺菌装置
機械本体内に無菌化システムを組み込むことで軟包装での完全無菌充填を実現した包装機を中心に置いた液体・粘体充填包装システムです。
豆乳をはじめとする液体食品を無菌製造することにより長期常温保存が可能になりました。

「FSSC(Food Safety System Certification)22000」 の
認証を取得しました。

2013年4月19日付でFSSC(Food Safety System Certification)の
認証を取得しました。

認証取得事業所

オリヒロプランデュ株式会社
オリヒロプランデュ株式会社 研究所
認証取得 FSSC22000:2010
認定機関 UKAS
登録日 2013年4月19日
登録範囲 サプリメント、お茶製品、食品添加物
無菌充填:清涼飲料水、高濃度栄養食品、寒天製品、蒟蒻粉加工食品、豆乳、豆乳加工食品
FSSC22000食品安全システム認証は、以下を含む既存の食品安全基準やプログラムの主な要求事項をカバーしています。
GMP、HACCP、SQF、BRC、IFC、GlobalGAPなどのさまざまな既存の食品安全規格やプログラムの主要な要求事項を網羅しています。
FSSC22000は、ISO22000、ISO/TS22002-1前提条件プログラム(PRP)、HACCP、およびCODEX委員会が作成した適用の手順を完全に統合しているため、最も包括的な食品安全マネジメント規格です。
TOPへ
会社概要
工場紹介
プライバシー・ポリシー
お問い合せ
オリヒログループ
HOME